旅行契約の種類

旅行契約ついての豆知識です。

みなさんが国内旅行をされる時、次の3種類の旅行契約のうち、いずれかの契約で旅行されていることをご存知ですか。

①募集型企画旅行契約

 「日本旅行」が発行しているパンフレット(他社のパンフレットも同じ)から予約さ

 れた時は、ほとんどが「募集型企画行」として参加することになります。

 パンフレットの裏面を見る「募集型企画旅行」であることや、抜粋された内容(約

 款)が細かな文字で記載されています。

 また、新聞などに1泊2日で旅行代金◯◯円、定員30名、主催◯◯旅行「募集中」とい

 う広告ありますが、この旅行に参加した場合も同様です。

 いずれの場合も、旅行会社が企画して募集している旅行に、お客さまが申し込んで

 参加されるという立場になります。

 なお、募集型企画旅行で参加した場合、主催する旅行会社は、「旅程管理」や「旅程

 保証」、「特別補償」など旅行業約款で決められたルールに基づいて旅行を催行しな

 ければなりません。

②受注型企画旅行契約

 友達、団体、会社などで、「貸し切りバス」「JR」「飛行機」などを利用して旅行

   を計画し、その行程や交通機関や宿泊手配旅行会社に依頼した場合、「受注型企画

 旅行」して参加することになります。

 旅行会社は、交通機関や宿泊、昼食などの手配を実施し、企画料なども含めて、全体

 料金から、1人あたりの旅行代金を算出します。(オーダーメイドの旅行と考えてく

 ださい。)

 旅行中は「募集型企画旅行」と同様のルールで、「旅程管理」や「旅程保証」、

 「特別補償」など旅行業約款で決められたルールに基づいて旅行を催行しなければ

 なりません。

③手配旅行契約

 お客さまが旅程を作成し、旅行会社に「◯◯発の新幹線」や宿泊は「◯◯ホテル」と

 指定され、その予約を旅行会社に委託される旅行です。旅行会社は、予約可否にか

 かわらず実施し、その業務を終えた時点、契約上は終了します。(例えば、新幹線

 の指定券が予約できれば、指定券と交換に代金を受け取った時点で終了です。)

 ただし、手数料として「旅行業務取扱料金」が必要で、その金額は旅行会社毎に決め

 ることができます。

 また、「募集型企画旅行」や「受注型企画旅行」との違いは、旅行中の旅程管理など

 は、お客さま自身で実施していただくことです。(旅程保証や特別補償もありませ

 ん。)

 なお、実例として、「貸し切りバス」で日帰り旅行などをする場合、旅行会社はバス

 や昼食手配などをしますが、旅程内容や依頼者の委託内容などで「手配旅行契約」

 (受注型企画旅行契約ではなく)として取り扱うこともあります。

 

募集型企画旅行約款
​受注型企画旅行約款
手配旅行約款
​旅行業務取扱料金
旅行契約の種類(豆知識)