• shiganotabibito

GOTOトラベルは忘れて「今こそ滋賀を旅しよう」を利用しよう。

4月16日~5月31日まで利用できる「今こそ滋賀を旅しよう 第3弾」キャンペーンが始まり、宿泊予約が4月14日から始まります。

今はまだ、このキャンペーンがあることすら、知らない人が多いと思います。

これは、GOTOトラベルに代わる事業で、国から交付される予算を使った県独自の事業で、県も国からの提案で急遽考えられた事業のようです。(実際は、6月から始めようとされていた事業を前倒しではじめられたようです。)

このキャンペーンは県内の宿泊施設を利用すると、利用する曜日に関係なく、大変お得な料金で利用でき、かつ、宿泊施設で県内の登録店で利用できる「5000円分のクーポン券/一人あたり」がもらえるというものです。

ただし、利用できるのは、「滋賀県民」のみで、宿泊施設で滋賀県に住んでいる証の提示を

求められます。

利用するには、まず、宿泊日を決め、宿泊施設のホームページや宿に電話で直接予約するか、旅行会社に行って、設置されている旅行パンフレットから申し込みます。

当社では、「日本旅行」パンフレットを取り扱っていますので、掲載されている滋賀県内の宿泊施設から選んで予約頂くことになります。

特典は、一人あたりの宿泊料から、宿泊料が10000円以上なら、一人6000円が割引されるということです。

具体例を示しますと、

日本旅行、JTB、近畿日本ツーリストなどの商品を取り扱っている滋賀県内の旅行会社に来店し、各社が発行しているパンフレットから滋賀県内の宿泊施設を選び、宿泊日の空室状況を調べてもらいます。

空室があれば、その日の一人あたりの宿泊料金が10000円以上なら6000円引き、4000円~10000円未満なら3000円引きとなります。

さらに、宿泊施設のチェツクイン時に、宿泊代金が一人7000円の場合、滋賀県内の登録施設(観光施設、レストラン、お土産店など)で利用できるクーポン券が一人あたり5000円分

もらえるという大変お得なキャンペーンです。

しかも、期間中、宿泊する曜日に関係なく割引額は同じで、ゴールデンウイークにも利用できます。

あと、大切なことは、利用するには滋賀県内のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ミニストップ)で、コンビニ券を一人1枚1000円で購入する必要があります。2人で利用するなら2枚、2000円が必要です。今回はコンビニ券の発売は滋賀県内のみで、発行枚数は、かな

り大量なので売切れという可能性は少ないそうです。

そのため、まずは旅行会社に行って、空室を確認してから、近くのコンビニで購入され、旅行会社に持参されても良いと思います。

どれだけお得かというと、

●日本旅行パンフレットに掲載されている宿泊施設から、一人あたり、1泊2食付きで  

 20000円の旅館を2名1室で予約した場合、

 宿泊代 一人20000円×2名=40000円から一人6000円×2名=12000円を差し引くと、

 2名で28000円となり、一人あたり14000円になります。

 さらに、宿泊施設で一人5000円分のクーポン券がもらえますので、2名で10000円分と

 なります。

●日本旅行パンフレットに掲載されているホテルから、シングル(1泊朝食付)で11000円

 を1名1室で予約した場合、

 宿泊代 一人11000円から6000円を差し引くと、宿泊代が5000円となり、さらに、

 5000円分」のクーポン券がついています。

 クーポン券の利用登録店に、ホテルのレストランが登録されているならば、夕食時に利用

 できますよね。


実際、1泊2日の旅行を想定した時、宿泊代金以外にも、観光施設への入館料や乗船料、昼食代などを考えると、結構な支出が必要です。それを、一人あたり5000円分(1000円×5枚)のクーポンで利用できるのですから大変お得です。

このほか、必要なのは、コンビニで購入する「コンビニ券」一人1000円ですが、それでもお得です。

なお、コンビニ券を購入する時の商品番号は、「0256544」です。

なお、子どもさんも、金額的に大人と同じ条件を満たすなら割引の対象となり、クーポン券もついています。


ここで、宿泊施設への予約方法についてのアドバイスです。

お客さまは、「今こそ滋賀を旅しよう」プランで、直接、宿泊施設のホームページから予約、あるいは宿泊施設に直接電話予約して予約する方法があります。

それとは別に、旅行会社に行って、掲載されている旅行パンフレットの中から宿泊施設を選び、予約するという方法もあります。(こちらは、「今こそ滋賀を旅しよう」限定プランというものはなく、通常のパンフレットから予約できます。)

実は、直接、宿泊施設に予約するか、旅行会社で予約するかについてですが、おそらく、

直接、宿泊施設のホームページでしたり、電話で宿泊施設に予約する人の方が多いと思います。

そのため、ホームページからの予約は、すぐに「満室」になると思います。

この「満室」表示は、宿泊施設が自前で持っている予約枠(部屋数)が「満室」になったという意味で、宿泊施設の部屋がすべて「満室」になったということではありません。

だから、ホームページが「満室」の場合は、旅行会社に行って、同じホテルで同じ部屋の空室を探してもらえば良いのです。(宿泊施設側が事前に旅行会社に割り振りした部屋枠があるのです。)

宿泊代金は、多少、変わりますが、意外と「空室」がある場合が多く、希望の宿泊施設が予約できることがあります。

だから、要領の良いお客さまは、先に「旅行会社」で予約されています。


最後に、私は、以前のような全国に移動する旅行を対象にした「GOTOトラベル」の再開の可能性は、今後も期待できないと思っています。

もし、再開されても、マイクロツーリズムの発想で、対象区域は、住んでいる県内や隣接府県の範囲くらいだと想定しており、私にとって、「GOTOトラベル」という言葉自体、今は懐かしい響きとなっています。

だから、お客さまも、割引率の高かった「GOTOトラベル」事業は、過去の思い出話とし、

「GOTOトラベル」の再開を待つことなく、「新しい割引制度を利用した旅行商品を利用し

よう」と発想を転換された方が現実的に良いと思います。


どうか「今こそ滋賀を旅しよう」のご予約は、ぜひ、当社「滋賀の旅人旅行倶楽部」へお願いします。


47回の閲覧