• shiganotabibito

コロナ渦の当社の状況。持続できます。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、緊急事態宣言が発令されましたが、だされている

地域、だされていない地域に関係なく、旅行業界を含む「観光」業界は大打撃を受け、

影響がこれだけ長引くと、国や県などからの支援だけでは耐えられず、今後、廃業、統合、

縮小、倒産といった店舗が増えてくると思います。

特に、小規模で従業員をかかえている旅行会社は、非常に厳しくなると思います。

 そのため、少しでも利益をだせるような新たな業務を考える必要がありますが、私は、

ヒントとして、ひそかに持っている「特技を世に出すこと」と「いろんな人とのタイアッ

プ」がキーワードになると考えています。

 旅行会社の利益は、お客さまが利用される交通機関、宿泊施設、昼食場所、観光施設

からの送客手数料が主な収入となりますが、手数料率は低いので、これまで、どうしても、

一回の旅行で人数が多い団体からの依頼を歓迎し、利益を確保してきました。

 ところが、コロナの影響で、団体からの依頼は激減し、数年間はこの状況が続くと考え

られ、旅行業界では、今後、小人数からの旅行をこれまで以上に受注にしないと利益が

減少し、従業員を多くかかえる旅行会社ほど、経営がかなり圧迫されると危惧しています。

 現在、大手旅行会社は、多額の赤字経営が続いていますが、今も持ちこたえているの

は、親会社の傘下であったり、社員さんを別会社や別組織などに派遣や出向させる機動的

な対応をし、かつ、国のさまざまな支援金や補助金、助成金を活用しているからです。

仮に、大手旅行会社が倒産でもすれば、取引している中小規模の旅行会社も連鎖的な影響

が及ぶので、絶対避けてほしいと日々祈っています。

 さて、旅行会社といっても、その規模はいろいろあり、全国的に一番多いのは、従業員

が1~3人程度の地域に根付いたお店です。

私は、従業員を雇用し、大手旅行会社が発行した「パンフレット商品」の受託販売を主な

業務としている旅行会社が、今、一番大変な状況で、苦しんでおられると思います。

恐らく、コロナの感染拡大で緊急事態宣言が発令されている状況では、キャンセルが増え

予約も期待できない状態が続いているのではないでしょうか。同情します。


 当社は幸いというか、旅行の受注はほとんどなく、先行きに不安を感じていますが、

従業員がいない一人会社なので、出費を抑制でき、経営的な危機もなく、コロナ渦でも

持続できる状態ですので安心してください。(もともと、当社のような従業員のいない旅行

会社は、経営者が旅行分野で自身の思いを実現するために楽しみながら仕事をしている人が

多く、お客さまからも親しみやすさを感じてもらっているようです。)

 確かに、先日、急病で入院したときは、一人会社のみじめさや辛さを体感しましたが、

周囲の方の協力で難局を乗り越えることができました。

そのため、今は、今後の顧客拡大など攻めの戦略を考える時間に没頭でき、かつ、行動できる時間もありますので、こちらに全力を注いでいます。


また、下記のとおり、他の旅行会社と同様の業務ができますのでどうぞご利用くださいね。

①「観光バスやJR」などを利用したお客さまからの依頼による旅行

②「日本旅行パンフレット」からの予約


これからも「滋賀の旅人旅行倶楽部」をよろしくお願いします。




23回の閲覧