top of page
  • shiganotabibito

バスツアーを継続していくために、次の一手は。

更新日:3月9日

 当社では、毎月2回くらい、一般の方を対象に募集して、朝9時くらい~夕方5時くらいまでの日帰りバスツアーを実施しています。

時間に制限されますので、遠方は無理でも、近場であまり知らない所や、美味しい昼食を求めて企画、実施している点が評価されているのか、おかげさまで、ほとんどのバスツアーは

受付当日に満員になります。(募集告知は、アナログ式ですが、コツコツと独自の方法でしています。)

 ただ、参加者は55歳以上の県内在住の方が多く、受付方法は電話受付とし、申し込みは、リピータさんや新規の方などさまざまです。

とにかく、1人会社なので、企画、受付、事務作業、実施、経理など、すべての業務を一人でしていますので、受付当日も電話回線が1本しかなく、お客さまから、「何回電話しても話し中。やっと繋がったと思えば、満員。」とお叱りを受けることもあります。

 大手旅行会社のバスツアーは、同じコースの実施回数や定員も多く、幅広い年齢層からの申し込みがあるので、電話受付以外に、ホームページで行程等を紹介し、ネットから予約できるシステムも構築され充実しています。(実際の催行率はわかりませんが。)

 当社の場合、定員も少なく、参加いただくお客さまの年齢層も高めなので、やはりネット予約の利用は期待していません。

 そこで、当社のような小規模な旅行会社がバスツアーを継続していくには、常連のお客さまをはじめ、新規のお客さまの獲得も課題で、「最少の費用で最大の効果を上げる」ような募集方法が求められます。そのため、小規模な事業所を支援してくれる国や県の機関の補助金制度を活用して、参加者を募集する経費を抑制する必要性を感じています。

もちろん、補助金を採択してもらうには、実施したい事業の企画や課題、解決方法などを

記載した細かい企画書を作成し、審査を受ける必要があります。(内容によっては否決されることがあります。)

 当社も、6月に締め切りがある補助金の採択に向けて、現在、企画書を作成しており、採択を受けて、バスツアーを当社の「目玉事業」として安定させていきたいと考えています。 決意表明でありますが、「採択されることを目標」にがんばります。


次回のバスツアーの募集開始日は、4/1(月)9:00からです。

4月は舞鶴、5月は関ケ原と名古屋城などに行くコースです。詳しい行程は、このホームページの「バスツアーのご案内」 をご覧ください。


おかげさまで、3/27(水)と3/29(金)と3/30(土)の桜と水郷めぐりバスツアーは、募集開始約1時間で満員となりました。



4/16と25の昼食(海鮮御膳)





5/14と23の昼食

(バイキング・ソフトドリンク飲み放題)



閲覧数:157回

留言


留言功能已關閉。
bottom of page