• shiganotabibito

マイクロツーリズム

星野リゾートの代表の星野さんは、コロナが流行はじめたときから、「マイクロツーリズム」を提唱されています。

これは、家族などで、自宅から近場の観光地に行き、観光や宿泊を楽しんで、心身をリフレッシュしようという考え方で、私も提唱されたころから賛同しています。

以前から、「安・近・短」という旅行スタイルはありましたが、「安くて、近場で、短期間」で旅するという意味で使用されていました。ちょうど、バブルがはじけた頃あたりから

この言葉が使われはじめましたが、今は少し意味が違います。

「安全・安心して利用できる近場の観光地や宿泊施設で、短期間で非日常生活を楽しもう」ということです。

もともと、「旅行する」ということは、人間がのびのびと生きていく上で、必要不可欠な行為で、いつの時代でも続けられ、今後もなくなることはないと信じています。

少し前までは、交通機関等の発達により、行先が国内だけでなく、海外にも行くようになっていたことは、人類にとってもすばらしいことだと思っていました。(国内にも、すばらしい観光地があるのに、日本人は、なぜ海外ばかりに行くのだろうと多少疑問はありましたが。)

しかし、コロナの影響で一変し、再び、安心して海外に行ける可能性は、もう数年先だと思

っています。

だから、今だからこそ、自分の住んでいる地域周辺の「観光地」や「観光資源」に関心をもち、宿泊も兼ねて「旅行」されてはと思っています。

そこで、お得な情報を一つ。

現在、GOTOトラベルキャンペーンは停止していますが、各県が独自で実施されている宿泊施設などを支援する誘客キャンペーンがあり、そのほとんどが県民対象なので、「マイクロツーリズム」という考え方で利用されてはどうでしょうか。

ちなみに、滋賀県では、県民を対象に「今こそ滋賀を旅しよう!第2弾キャンペーン」を

3月7日(日)まで開催されています。

県内の参加宿泊施設を利用すると、1泊につき、一人あたり平日なら4000円、休前日なら1000円の割引があり、しかも、県内の登録施設(観光施設や昼食場所など)で「一人5000円」が利用できる「クーポン券」もついてますので、大変お得です。

少しめんどうな手続きが必要ですが、ぜひ、利用してください。

なお、当社でも、「日本旅行パンフレット」から、このキャンペーンを利用できる予約もできますのでご利用ください。(最近、この旅行パターンの利用が多いです。)

当社も、3月には、県内を巡るバスツアーが再開できるように、現在、企画をしておりま

す。

今は、国民が同じ気持ちと同じ方向を向いて、コロナの感染拡大を収めることに全力を注ぐ

ことだと思っています。

そして、私も含め、日本に住む人たちは、「ワクチン」の接種が最後の神頼みだと思っているのではないのでしょうか。

がんばろう!日本。








44回の閲覧