• shiganotabibito

今でしょ!気遣う行動をするのは。

新型コロナウイルスの影響で、商店から大企業まで売上が落ち込んでいます。

特に、さまざまな業種の商店や小規模事業所などは、取引先や従業員への給与などへの支払いに大変苦慮し、倒産や廃業など最悪の事態を避けるため、国、県などの融資や給付金、協力金などを活用して、一日でも長く持続しようと努力しています。

ただ、多くの救済措置に対しては大変感謝してますが、一刻を争うので、日が経過するにつれて、経営意欲が低下していかないか懸念しています。

そんな中で感じることは、確かに、明日のお金(資金)は必要ですが、今の時期だからこそ、心のケアとして、気遣ってくれる団体(行政も含む)の行動力への期待です。

私が思うに、まともに影響を受けている商工業者さんなどは、この先、毎月決められた給料が貰える職業の方に対し、羨ましい気持ちとともに、「ねたみ」や「不満」を持つ人も増えてくると思います。

言いかえれば、「こんな状況でも、毎月、決められた給料などが貰える人は、まるで人ごと。」と思われないように、関係する団体、組織、思いやりのある個人の方などは、現在の売上や努力している状況、施策の紹介、お店の利用など、いろんな方法で気遣っていくことも必要だと思います。

現在は、新型コロナウイルスの拡大防止のために、いろんな要請に協力し、「ヒト・モノ・カネ」がうまく循環する経済社会にはなっていません。

だから、再度のお願いです。

どうか、今だからこそ、大変なことになっている商工業者さんに、少しでも気遣いの行動を

してあげてください。

当社「滋賀の旅人旅行倶楽部」も秋以降から、立ち直れることを期待しております。

がんばろう!!日本👍




42回の閲覧