• shiganotabibito

企画旅行の催行率100%達成中!

当社では、11月に4本の日帰りバス旅行を企画し、12月に2本の日帰りバス旅行を企画しました。うれしいことに、11月分はすべて催行でき、12月分も現在、すべて催行予定で、催行率は100%です。(募集型と受注型企画旅行を合わせて6本です。)

9月までは、観光バスを利用してのツアーは敬遠され、ほとんど催行されていなかったと思います。

振り返れば、バスツアーが再び、企画され、少しずつ催行されるようになったのは、10月からでしょうか。新聞などにも、バス旅行の募集広告が掲載されるようになりました。

当社でも、お客さまの傾向をを調査して、観光バスは車内換気の強い装置を搭載したバスを使用したり、コースも近場で、連続したバスの乗車時間を40分以内、昼食は少し贅沢なも

のが味わえるツアーを企画しました。

同時に、滋賀県も、観光バスで県内を巡るツアーに対し、助成金をだしてくれる支援制度

もありましたので積極的になれました。

そして、企画したツアーをいろんな団体や個人のお客さまにも提案したのですが、10月下旬までは、反応が悪く、観光バスを利用することに懸念される現実がありました。

潮目が変わったのは、10月下旬ころからで、もっと具体的に安全性を説明した結果、お客

さまの考え方に変化がではじめました。

例えば、乗車前の検温や手指の消毒、さらに、バス会社の努力もあって、車内の換気性を

具体的に説明、定員45名の大型バスに定員を20名以下にして、2席を1名が利用できるようにしていること、昼食場所での飛沫対策などを説明したことです。

さらに、当社の判断で、受注型企画旅行(団体やグループ単位で、バスを貸し切りで旅行される形態)には、同行するようにしました。

また、お客さまから問い合せが一番多かったのは、車内での安全性と昼食場所での飛沫対策

で、特に、昼食場所には、何回も下見に行き、テーブル配置や対策などを、お店と打ち合わ

せをしました。(下見で、コロナ対策を軽視しているところは、利用しないことにしました。)

結果、そのようなことがお客さまに理解いただけたと思っています。

確かに、全国的にも感染者が増えてきている傾向ですが、「コロナと共に生きる」という

ことを前提に、観光関係者もお客さまも、双方が安全対策をしてのバスツアーができることに、感謝でいっぱいです。

当社では、来年1月に4本、2月に2本、3月に1本の合計7本の日帰りバスツアーを予定して

おり、1月分は現在募集中です。(1/16は催行確定 および 1/30)

詳しくは、「大人のええもんツアー」ページをご覧ください。

今後も、すべてのツアーが催行できるように、みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。頑張ります。



33回の閲覧