• shiganotabibito

お客さまの動向と10月上旬からバスツアー(第2弾)の募集が始まります。

更新日:9月23日

9月上旬から、2本の当社主催の県内バスツアーの募集をはじめました。

滋賀県の緊急事態宣言が9月30日まで延長されましたので、9月下旬に予定していたバスツアーは、10月中旬に延期しました。

2本のうち、近江八幡市内のパン屋さん、和菓子屋さんなどに買い物に行くバスツアーは、昼食のカレーもついて旅行代金が3000円とお手軽価格で、しかも、自分のほしい物が購入できるとあって大人気。受付を開始して約10分で満席になりました。

現在、2名がキャンセル待ち状態です。

バスをもうワンランク大きくして定員を増やそうと思いましたが、買い物に行くお店は、

そんなに大きくなく、駐車場もないのであきらめました。

参加者は女性が多く、お一人さまの参加も多くあります。予想以上の人気だったので、11

月~来年2月まで、毎月1回実施することにしました。

コロナで巣ごもり生活が続いているので、このバスツアーは買い出し的な要素もあるのかなと感じています。

 一方、10/16(土)に実施する6000円相当のお寿司を食べるグルメをメインとしたバスツアー(旅行代金8800円)は、即日、満員とはいきませんが、毎日、少しずつ予約があり、こ

ちらもお一人さま参加が多くあります。9月14日現在、あとわずかで満員になります。

このバスツアーは、発想力と手先が器用なすし職人の店主が、特別に細工すしの実演を見せてくれ、昼食はすべて手作りの「すし会席(6000円相当)」をいただくものです。

この店主は、これまで全国の「すし部門」の数々のコンクールで「金賞」を受賞され、細工

すし職人では全国的にも業界では有名な方です。

芸術的な細工すしを後世に伝えるために、本も出版されています。

こんなすごい方が、県内に住んでおられることは、あまり知られておらず、当社とタイアップいただき、今回、このバスツアーをすることになりました。

予定としては、10/16(土)および10/30(土)、11/27(土)に、この実演と昼食を食べるツアーを実施します。(昼食場所は同じでも、行程は異なります。)

10/16と10/30の昼食は「すし会席」ですが、11/27の昼食は、新登場の丸萬自慢の「近江国瀬田前うな重1匹コース」です。白焼きしたうなぎを蒸してから焼いてたれをつける関東風の焼き方で、うなぎ1匹のうな重、う巻、茶碗蒸し、吸い物がセットになっています。(6000円相当) ※関西では「パリっと」した焼き方に対し、関東風は、蒸しているので

身が柔らかいのが特徴です。


行程詳細や受付開始日などは、当社ホームページの「バスツアーのご案内」をご覧ください。

当社では、このほか約7本の県内バスツアーを今秋に実施しますが、予約されてくる方とお話していると、やはりバスツアーで、ストレス解消や新しい地域の文化や歴史などを再発見

しようという方が多いと感じています。

 コロナの影響で観光業界が非常に疲弊している中、少し、出口が見え始めたてきたかなと思う今日ですが、当社では、収益は二の次で、少しずつ何らかの社会的貢献をするべき時期やってきたと思っています。

「ニーズに合った新しい生活様式の旅行企画をし、心身にストレスを抱える方が少しでも

楽になっていただければ。」という思いで、当社は今秋は積極的にバスツアーを実施しま

す。

多くの方にご参加いただけることを期待しています。





59回の閲覧