top of page
  • shiganotabibito

最近、何かが違うと感じる今日この頃です。

更新日:2月10日

新年早々、能登半島地震が起き、世界情勢も混沌とし、この1か月は気持ちが落ち込むことが多くありました。

 でも、バスツアーは何とか2月以降に月2回程度実施する計画で、5月まで企画できました。みそ作り、紫式部関係、米原地域の魅力発見、舞鶴方面、関ケ原や名古屋城方面、比叡の大護摩などを体感するコースです。(日程等は、「バスツアーのご案内」のPDFをご覧ください。)

おかげさまでバスツアーは好評で、ほとんどのツアーが受付当日に満員になります。

 さて、現在、6月以降のバスツアーの企画に迷いをもっています。それは、当社(私自身)が感じる「満足度」です。

 もともと、当社のバスツアー(当社といっても、私一人しかいませんが)は、いろんな地域で頑張っている人・グループ、モノなどとタイアップし、当社がお客さまをその土地へ送客することで、地域の方とコミュニケーションを通じて、少しでも交流ができ、地域を知り、地域の活性化になればという思いで実施してきました。

 このような考えは、決して間違ってはいないと思いますが、旅行(観光)に必要な「おもてなしの心」を感じられる行動や行為が、コロナ収束以降、激減したような気がします。

人手不足からなのか、ITの発達のせいなのか、高齢化社会が進んだのか、生活するのが精一杯なのか・・・は不明ですが、とにかく、人間が人間同士のコミュニケーションを減らす行動や行為が増え、かつ、「自分の欲望を満たすためになら何(犯罪も含め)でもする」という人が増えているように思います。

 当社も、いろいろ企画する上で、情報収集のため、現地の方と会話して、このように感じることがあり、今後、コミュニケーションがうまくできない人(人間味のある会話ができない人など)が増えていくのではと感じています。

それと、いろんな情報は、インターネットなどでも簡単に収集できる時代になりましたが、最近は、どの情報が本物か偽物かを見極めなければならない時代になりました。

 いろんな企画をしているうち、お客さまにも満足いただき、当社も満足できるバスツアーが企画できるのだろうか、少し不安になることがあります。 

 今回のブログは、少しグチになりましたが、今一度、原点に戻り、「人のために何かを尽くす行動をしながら、旅行会社を運営していく。」という思いで、バスツアーや旅行手配を続けていく考えです。

今後とも、「滋賀の旅人旅行倶楽部」をよろしくお願いします。

 次回のバスツアーの受付は、2/5(月)9:00~です。(3/2・3/6・3/16分の受付です。)

 ※2/5現在、おかげさまで、上記のすべてのバスツアーの日程が満員となりました。

  ありがとうございました。


 次回のバスツアーの受付は、3/4(月)9:00~です。(3/27・3/29・3/30分の受付です。)

 詳しい行程は、このホームページの「バスツアーのご案内」ページをご覧ください。


                            3/27(水)と3/29(金)の昼食

(近江牛すきやき膳)

3/30(土)の昼食(特製 箱寿司とミニたでうどんセット)


閲覧数:86回
bottom of page