• shiganotabibito

減らしたい「会議」という名の報告会。

今回の新型コロナウイルスで、会議をするにも全員が会議室に集まることは減り、むしろ、オンライン会議が増えたのではないでしょうか。

また、各種の総会なども「書面決議」に変更され、ある意味、それぞれの委員や会員が自由

に発言できるようになったと思います。(これまで、会議に参加して何も発言しなかった人

が、発言する傾向があるということです。)

つまり、本音で「議論」できる機会が増えてきていることだと思います。

そう思えば、新型コロナウイルスのおかげで、いろんな事業が中止や延期になっています

が、ポジティブに考えると、今のうちに会議のメンバー同士で真剣に議論しておくと、

再開時に、新しい「気持ち」、新しい「思い」、新しい「行動力」で、業務に取り組める

のではないでしょうか。

まずは、そのような会議になるように、会議手法を考える必要がありますが、とにかく、

従来からの「会議」という名の「報告会」を減らし、ちょっとした工夫で、自由に「議論」

できる会議になるよう心がけたいですね。

生活様式が変わろうとしている中、「コロナ以前と同じことできない時代になってきた」と感じています。

がんばろう日本!!



25回の閲覧