• shiganotabibito

新快速「Aシート」に乗りました。

平日で、野洲駅が「10:59」始発、「姫路駅」行の新快速は、9号車が「Aシート」の車両になっています。

新快速は、通常12両編成なのですが、この新快速だけは、9号車の車両が異なり、ブルーラインの入ったデラックス車両で、特急車両並みの仕様になっています。

座席はリクライニングで、座席の前面には軽量の物を置く台もあります。(トイレも同じ車内にあります。)

しかも、定員制(48名)なので、この車両には立っている人がいませんので快適です。

この車両を利用するには、まず空いている「Aシート」に座ることから始まります。(事前予約はできません。)

すると、車掌さんがやってきますので、「行先」を告げ「500円」を支払うと整理券を発行してくれ、その整理券を座席のポケットに入れておくだけでOKです。

もし、満席の場合は、残念ながら空席ができるまで利用できません。

「500円」は、1回あたりの座席利用料のようなもので、この新快速は「姫路行」なので、「姫路駅」でも「大阪駅」でも「京都駅」でも、どこまで乗っても1回「500円」です。(大人も子どもも同じ料金です。)

もちろん、それ以外に、普通運賃は必要ですが。

お得な利用方法は、青春18きっぷなどの乗り放題きっぷが使用できる期間に利用することをおすすめします。

例えば、野洲駅から姫路駅なら新快速で約2時間、しかも普通運賃は片道で3020円かかりますので、「青春18きっぷ」(1日乗り放題で約2400円)や「関西1DAYパス」に、「500円」を追加するだけで、快適に目的地に行けるのです。 

ただ、「Aシート」が連結される新快速は、一日一往復で、「平日」と「土・日・祝日」は時間が違いますが、いずれもお昼前に野洲駅出発なので(早朝はありません。)、時間を効率良く利用したい人にとっては、どうかなと思います。

あと、「Aシート」は9号車ですが、途中に停車する駅で、お客さまが一般車両と間違えて

待っておられる姿を多く見受けました。

ドアが開き、車内で整理券を販売する車掌さんに「500円」必要と言われて、初めて「Aシート」と知る方も多くおられ、慌てて他の車両に移動される方も多くおられます。

待っている時に、ホームで「Aシート」の説明アナウンスもされていると思うのですが、この新快速だけは、到着前に、ホームの9号車のりばで待っているお客さまに対し、駅員の方などが直接、説明案内をされてはと思います。(見ていても、気の毒でしたので)

 下り 平日 野洲駅発「10:59」発  姫路駅「13:02」着

 上り 平日 姫路駅発「18:10」発  野洲駅「20:16」着

   

 下り 土・日・祝日 野洲駅発「11:59」発  姫路駅「14:02」着

 上り 土・日。祝日 姫路駅発「16:10」発  野洲駅「18:16」着


滋賀や京都方面から姫路や播州赤穂などに日帰りする場合、片道だけでもうまく利用されてはどうでしようか。

快適でおすすめします。

次回、青春18きっぷが利用できるのは、3月10日~4月10日の予定ですよ。




13回の閲覧